>
40周年コンテンツ
  創立40周年を迎えて
理事長 奥 村 敉 軌   
 

 

 愛知県弁護士協同組合は、昭和47年2月8日の創立総会から満40年を迎えることができました。弁護士協同組合としては、東京三会を母体とする東京都弁護士協同組合、大阪弁護士会を母体とする大阪弁護士協同組合に次いで、全国で3番目の誕生でした。
 記録によれば、設立当初の組合員数は171名(会員の加入率:約45%)で、実質初年度(昭和47年度)の資産総額は約1,100万円であったとされています。これに対して、平成22年度末の組合員数は弁護士法人33・外国特別会員3名を含めて1,467名(会員の加入率:99%)で、資産総額は約20,000万円ですので、正に隔世の感があります。
 これも偏に、訴訟記録謄写業務の組合への移管など重要な事業を行って、当組合の基盤を確立された高橋正藏初代理事長はじめ創世期に組合運営に携わられた方々や、その後様々な事業を展開して基盤の拡大・充実に努められた歴代の理事長はじめ組合運営に携わられた理事、総代、組合員、事務局職員の皆様方のご努力と、特約店会をはじめとする関係各位のご協力の賜物であり、ここに改めて感謝を申し上げる次第です。
 現在、世界経済の低迷などに伴い我が国の経済も先行きが不透明であり、弁護士を取り巻く環境についても法曹人口の増加によって極めて厳しい状況を迎えており、当組合の運営も難しさを増していますが、この創立40周年を機に心を新たにし、先人の遺された基盤の上に立って、「弁護士の仕事と暮らしのパートナー」を目指して、社会の変化に伴う新たなニーズに応じた事業展開なども行って、当組合の更なる発展に努力して参りますので、引き続き、ご支援・ご協力をくださるようお願い申し上げます。

平成24年2月